普通の一国民が政治問題に取り組んだ記録と雑感です。週に1~2回の不定期更新。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
統一地方選の候補者が告示されました。
そのため本日は早速、様々な候補者の選挙カーを街中で見かけました。
これから一層、各候補者の選挙カーでの演説を耳にすることでしょう。

ところで選挙活動は、選挙カーに乗って街を走り回るだけではありません。
選挙活動のひとつとして、自分のホームページやブログで情報を発信するという手段があります。

私の住む市の選挙区での候補者の顔ぶれは、現職の方から新人の方まで10名におよんでいます。
新人の方はほとんど初見でしたので、どういった方かを知るべくインターネットで検索をしてみたところ、やはり皆さんブログをお持ちでした。
しかしここで気になったことがあります。
ブログの開設時期が、ちょうど選挙の半年から3カ月前なんです。

選挙戦で勝ちあがるためには、半年前から活動を開始するというのが一般的に言われています。
そのため候補者は、半年前から駅立ち、ビラ配り、戸別訪問…このようなことを開始するわけです。

これまで全く政治問題に取り組まず、これといった活動もせずに選挙前に突然、選挙活動だけを開始する候補者とは、地域住民のことを一体どれほど考えているのでしょうか。
就職先がないから出馬をする…このようなことを考えている候補者もいると聞きました。

たしかに選挙戦では、綺麗事を言っていても勝てません。
だからといって、イメージや戦略だけで選挙戦に勝とうとする候補者は、有権者をバカにしていると言わざるをえません。
そのような候補者が当選して、真っ当な政治を執り行うでしょうか。
選挙に向けて慌ててブログを作ったような候補者の書いている記事は、選挙活動を報告する内容のものがほとんどで、政治家になってからのビジョンが全くと言っていいほど見えてこないのです。

私達一般有権者は、候補者の推進する政策で判断するということが、肝要なことではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kayada.blog79.fc2.com/tb.php/9-20bb9326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック