普通の一国民が政治問題に取り組んだ記録と雑感です。週に1~2回の不定期更新。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この度の地震により被害に遭われた方達に、心よりお見舞い申し上げます。

私も阪神淡路大震災で被災を経験致しました。
サイレンとヘリコプターのプロペラ音が鳴り響く中、いつ元通りの生活に戻れるのかと、まったく先の見えない不安な日々を過ごしました。

そしてほとんど報道はされませんでしたが、当時被災地では、心ない人達による犯罪行為がありました。
私の親の友人は夜に車を走行中、バイクに乗った集団に襲われて金品と車を奪われました。
火事場泥棒の被害に遭った友人もいます。
また、女性に対する性犯罪も少なからずありました。
避難所では、女性ボランティアスタッフも被害にあったと聞きます。

被災地の皆様は、夜間におきましては一人で行動することを避けてください。
特に女性の方は、いかなるときも、たとえお手洗いに行くときであっても一人にならないでください。
有事の際には、警察は通常の機能をしません。
ご自身を、そして大切な人を守るために、最大限用心なさってください。
小さくてもいいのでコミュニティを作り、集団で行動するようにしてください。

そしてこれから、不自由でストレスのある生活を強いられると思います。
でもその生活は、いつまでも続くわけではありません。
街は蘇ります。
日本は蘇ります。
神戸が復興を遂げたように、必ず元の生活に戻ることが出来ます。
希望を捨てないでください。
前を向いていてください。

====================================================================

国連がこのような声明を出しました。

「日本は世界中の困っている人を援助してきた最も寛大で強力な援助国の一つだ。この極めて困難な時に、国連は日本国民と共にある。われわれは日本のために全力を尽くす」

頑張らなくてもいいんです。
でも、負けないでください。
あなたは決して一人ではありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。ミクシィから参りました(笑)

とうとう治安面の話が耳に届きました。
僕自身は食料品を盗む人がいたとしたら、見なかった事にしますが、欲望の為の外道な行いは見過ごせません。
と言っても、僕が直接目撃した訳ではないのですが...本当に気分が悪いです。
2011/03/20(日) 18:23 | URL | アナンダ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kayada.blog79.fc2.com/tb.php/7-1cf6c4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック