FC2ブログ
普通の一国民が政治問題に取り組んだ記録と雑感です。週に1~2回の不定期更新。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は統一地方選挙の後半戦が行われ、テレビではその結果を順次伝えていました。
そしてモニターには当選した候補者が、後援会の方達と万歳三唱をする様が、度々映し出されます。
選挙の結果を伝えるテレビ番組でおなじみのこの場面、皆さんはどのように思われますか。

政治家は、私心を捨てて公益のために尽くさねばなりません。
これから地域住民の奉仕者として仕事に取り組まねばならないのに、ここで喜んでいる場合ではないのではないでしょうか。

また当選時のインタビューでは、後援会をはじめ、選挙まで支えてくれた人たちに対しての感謝の気持ちを述べる方もいらっしゃいます。
しかしこれは、個人的事情です。
ここでは私的な事情を述べるのではなく、地域住民に向けてのメッセージを伝えるべきだと思います。

政治家が喜ぶべきときは当選をしたときではなく、公益のために仕事をなし、その結果を受け取った地域住民や国民が納得をしたときであると私は考えます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。