FC2ブログ
普通の一国民が政治問題に取り組んだ記録と雑感です。週に1~2回の不定期更新。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災での被害を受けて、福島の原子力発電所についての報道が連日なされています。
そしてその報道に逐一反応するかのように、著名人の方達が原発について見解を述べています。
しかし、私にはそれらに、イデオロギーが見え隠れするように思えてなりません。
特に反原発派の方達が、今回の地震を機に福島原発をもって懸命に原発に反対しているように見えるのは、私の勘繰りなのでしょうか。

叩くべきは今回のような有事に対する備えの担保を怠った東電の危機管理意識の低さ、そしていまだ保身に走る体質であって、戦後の経済発展に伴い国民の生活水準を格段に上げる一因を担った原子力エネルギーまでもを否定するのは奇妙に思えます。
原発に反対するのであれば、現在ある生活レベル、もしくはそれに近いレベルを保つため、原子力に替わるエネルギーを生み出すシステムの構築につき具体的な提案もすべきだと思います。

====================================================================

「原子力損害の賠償に関する法律」という法律があります。
当該法律の第3条には、異常に巨大な天災地変による損害について事業者は免責されるとあります。
しかし、第3回原子力損害賠償制度専門部会で定められた基準によると、今回の地震は「異常に巨大な天災地変」には該当しません。
よって、東電は法的にも損害を賠償する義務があります。

保身を考えず、私心を捨てて、一連の作業に取り組むべきです。
スポンサーサイト
本日は、今月24日に行われます宝塚市議会議員選挙に立候補をされる、サトウ基裕さんの事務所にお邪魔させていただきました。
サトウさんは前回の市議会議員選挙にも立候補し、わずか77票差で敗れて涙を呑みました。
今回は捲土重来を期しての出馬となります。
http:///sato-act.com/

サトウさんとは、はたなか光成さん主催の勉強会で知り合い、サトウさんの有する政治信条に共感し、それ以来の付き合いです。
非常に真面目で折り目正しく、また、この上なく情熱的な方です。

サトウさん、投票日までラストスパート!
そして当選してからは、一層頑張ってもらいますからね!!

satosan.jpg
sakura

春は必ず訪れます。
神戸に訪れたように。
あなたの街にも必ず。

====================================================================

山や、川や、星の湾曲など
人の手が加えられていないものを
ときにはよく見てごらんなさい。
叡知と忍耐が
あなたの中に芽生えるでしょう。
そしてなによりも
あなたはひとりぼっちではないという
確信が得られるでしょう。

             (シドニー・ラヴェット)
この度の地震により被害に遭われた方達に、心よりお見舞い申し上げます。

私も阪神淡路大震災で被災を経験致しました。
サイレンとヘリコプターのプロペラ音が鳴り響く中、いつ元通りの生活に戻れるのかと、まったく先の見えない不安な日々を過ごしました。

そしてほとんど報道はされませんでしたが、当時被災地では、心ない人達による犯罪行為がありました。
私の親の友人は夜に車を走行中、バイクに乗った集団に襲われて金品と車を奪われました。
火事場泥棒の被害に遭った友人もいます。
また、女性に対する性犯罪も少なからずありました。
避難所では、女性ボランティアスタッフも被害にあったと聞きます。

被災地の皆様は、夜間におきましては一人で行動することを避けてください。
特に女性の方は、いかなるときも、たとえお手洗いに行くときであっても一人にならないでください。
有事の際には、警察は通常の機能をしません。
ご自身を、そして大切な人を守るために、最大限用心なさってください。
小さくてもいいのでコミュニティを作り、集団で行動するようにしてください。

そしてこれから、不自由でストレスのある生活を強いられると思います。
でもその生活は、いつまでも続くわけではありません。
街は蘇ります。
日本は蘇ります。
神戸が復興を遂げたように、必ず元の生活に戻ることが出来ます。
希望を捨てないでください。
前を向いていてください。

====================================================================

国連がこのような声明を出しました。

「日本は世界中の困っている人を援助してきた最も寛大で強力な援助国の一つだ。この極めて困難な時に、国連は日本国民と共にある。われわれは日本のために全力を尽くす」

頑張らなくてもいいんです。
でも、負けないでください。
あなたは決して一人ではありません。
政治問題に関心を持つようになり、数年が経過しました。
その間、微力ながらも問題を解決の方向に動かすために、様々な活動を行ってまいりました。
ただし支持政党があるわけではなく、また、どこの政治団体にも属さずに、一般国民の立場から問題と向き合い、粛々と取り組んできたにすぎません。

当ブログでは、活動を通じて感じたこと、そして政治問題につき思うことを書き綴ってゆきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。